タグ

タグ:辺野古

手記】沖縄三日目(1) 会場運転手の任務を担って by ニャンケ

カテゴリ:
沖縄三日目1 沖縄訪問三日目(24日)の辺野古現地から、ジグザグ会のニャンケです。昨日は冷たい雨のなか座り込んで、暴力的に排除されて、刺激的な1日でしたが、今日はさらに刺激的でした。

 今日、わがジグザグ会は、本隊がゲート前の行動に参加し、私は専業ドライバーとして自分たちのレンタカーを提供、参加者の皆さんがトイレやコンビニ、クルマの駐車場などに行きたいときの足として1日を費やす決意を固めた。タクシー運転士としてのプロフェッショナルなPRIDEなど微塵もなかった。いくら運んでも一銭にもならないが、辺野古の現地闘争の役に立てる、そのことが喜びだった。

 キャンプ・シュワブのゲート前からクルマやトイレまでは歩いたらかなりの距離がある。しかも小雨も降っている。たたかう仲間たちみんなの感謝の言葉は否応なく私のモチベーションをあげてくれた。でも、いろんな立場や地域から結集したいろんな個性の仲間たちとクルマの中でわずかな時間に交流できることが最高に楽しかった。

 たくさんの人との出会いのなかで、いちばん印象に残った人が、沖縄の県内から参加してきた人だ。その人は政治とか関係なく生きてきたし、基地もいま在る ものは在るので仕方ないと思って沖縄で生きてきたという。だが、辺野古に、大浦湾を埋め立てて、もうひとつ新しい基地を作るという。それだけは許せないと 思ったのだ。どれだけ沖縄を差別するつもりなのか!怒りが沸き上がり、この行動に参加したのだと彼は言う。

2・21とめよう!辺野古埋立て 国会大包囲と全国一斉行動へ

カテゴリ:
2・21とめよう!辺野古埋立て 国会大包囲
 ■日時:2016年2月21日(日)14:00〜15:30
 ■場所:国会周辺一帯(目標3万人以上による国会大包囲!みんなで集まろう!)

※ジグザグ会は辺野古リレー反戦実などと共に、国会正門前むかって右側付近の歩道にいます。
 -ただし当日は大混雑と政権側の強権的な規制が予想されるため、あくまでも予定です。臨機応変に。
※ ぜひとも宣伝・拡散にご協力お願いします!
※ シンボルカラーは青。辺野古の海の「青色」で国会まわりを埋め尽くしましょう!

警視庁は辺野古から撤退しろ!緊急抗議アクションに参加 「第二の琉球処分を許すな!」

カテゴリ:
11・8緊急行動(1) ジグザグ会は辺野古リレーの仲間からの呼びかけに応え、『警視庁機動隊は辺野古から撤退しろ!東京から沖縄への弾圧と暴力を許さない11・8 警視庁抗議アクション』に参加しました。(詳細はこちら

 辺野古に投入された警視庁機動隊はさっそく不当逮捕と暴行を繰り広げてる!これに対する警視庁への必死の抗議行動として取り組まれたものです。「第二の琉球処分を許すな!」と。

 降りしきる雨の中、それでも約120名の参加で、2時30分から4時30分まで約2時間にわたり申し入れ・抗議行動を行ってまいりました。

11・8緊急行動(2) この際、警視庁・麹町署は平和的な申し入れ行動(憲法16条・請願法2条)であるにもかかわらず、警視庁正門前では行わせないという不当な弾圧を行ってきたのです。

 さらにあろうことか麹町署・警備(機動隊)課長・アラカワ何某は抗議者に「沖縄と同じように排除してやろうか」などと信じられない開き直りの暴言まで吐いて参加者を脅しましたが、仲間たちはこの愚劣な恫喝に一歩も退かず、かえって心に静かな怒りを燃え上がらせつつ、最後まで冷静に抗議申し入れを行いました。

 地下鉄階段出口での攻防の末、10名の「代表者」の正門前での申し入れ(相手が「受け取り拒否」という子供じみた態度に出たため後日郵送することに)と、参加者全員のその場での立会いを勝ち取り、その後、警視庁ビルに向けて、側面からの抗議集会を行いました。

「沖縄・辺野古に基地はいらない!サウンド パレード」参加してきたよ by 中野由紀子

カテゴリ:
 4月26日(日)に「沖縄・辺野古に基地はいらない!サウンドパレード」参加してきました。1000人も参加したそうですよ。みんなの怒りと問題意識の高さを感じました。



 我々ジグザグ会は、沖縄の美しい青い海をイメージして、ブルーシートに手作りの文字やかわいらしいジュゴンのイラストを貼りつけた横断幕を持って参上。 とても評判が良かったよ。前の方の梯団はサウンドパレードらしく、音楽に乗せて楽しくデモ行進できていたようですが、が、が!我々は後方にいたため、まっ たく音楽が聴こえず、チェ・ソーカが自宅から担いできた無駄に重い「旗旗11号」?で音楽を流しながらのデモ行進となりました。

このページのトップヘ

見出し画像
×