カテゴリ

カテゴリ:呼びかけ

本日(20日)です】アジェンデの子供たち 映像と音楽の夕べ

カテゴリ:

 前の記事でも書きましたが、当日になりましたので、あらためて。
 詳細はこちらへ↓
 ■Facebook:https://www.facebook.com/events/923926554303238/
 ■ブログ記事:http://zigzag.blog.jp/archives/1013522844.html

 ◆日時:2014年11月20日 開店19:00 開会19:30
 ◆会場:新宿カフェ★ラバンデリア(東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F)

  ※地図:http://cafelavanderia.blogspot.jp/search/label/MAP

 DJ Hanakitoさんに続いて、本日はアナ・ティジュの日本版をリリースしているミュージック・キャンプからMさんも来ていただけることになりました。その場でアルバムの購入もできます。
 下の絵はメンバーが手描きで作ったポスターです。馴染みの居酒屋さんなどに掲示していただくために作りました。今日もお店の入口に貼っておきますので目印にしてね。

アジェンデの子供たち-映像と音楽の夕べ 独自企画第2弾

カテゴリ:
ジグザグ会独自企画アジェンデの子供たち
(転載・拡散歓迎)

オキナワの少年」に続くジグザグ会独自企画Part2
アジェンデの子供たち-映像と音楽の夕べ
今もつづくチリ民衆の挑戦そして私たちの希望 サルバドール・アジェンデが遺したもの

◆日時:2014年11月20日 開店19:00 開会19:30
◆会場:新宿カフェ★ラバンデリア(東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F)

 ※地図:http://cafelavanderia.blogspot.jp/search/label/MAP

CIAとピノチェト独裁に殺されたアジェンデとビクトル・ハラ……で終わりじゃない!
その遺志を継いでついに軍事独裁を倒し、今も世界の新自由主義潮流と闘い続けるチリ民衆の息吹、そして
アナティジュに代表される、聴くだけで勇気と元気をもらえる現代チリのヒップホップミュージックなど。
今だからこそ知ってほしい、聴いてほしい、アジェンデの遺したもの、私たちの希望。

◆参考上映:
 ・映画「サンチャゴに雨が降る」(1975)
 ・Fault LinesーChile rising チリ学生運動の挑戦(2012 アルジャジーラ)
 ・アナ・テジュ-Shock(PV 日本語)
 ・他 映画「NO」(2012)予告編映像など
◆DJ:DJ Hanakito ほか飛び入りゲストもあり?
◆参加費:無料
 お店は通常営業中です。必ずワンオーダー以上をお願いします。出演者への投げ銭歓迎。
◆主催:ジグザグ会
  ブログ:http://zigzag.blog.jp/
  Facebook:https://www.facebook.com/zigzag2013
  Twitter:https://twitter.com/zigzagkai
  E-mail:zigzagkai@gmail.com

◆Facebookイベント専用ページ
https://www.facebook.com/events/923926554303238/

鶴彬に学び、この時代を撃つ/乱鬼龍師匠の講座から

カテゴリ:
 暴漢に立ちはだかる乱師匠当ブログでも告知いたしました、ジグザグ会呼びかけ人のお一人、乱鬼龍師匠の講座(学習会)と『鶴彬こころの軌跡』上映会(主催:変革のアソシエ)は、今月11日に盛況のうちに無事開催されました。講座の会場となった協同センター会議室は、ジグザグ会からの参加者8名を含む15名の参加でほぼ満席となりました。

 参加者一同は、川柳による非暴力の闘いで戦争国家に抗い続け、治安維持法の暴威によって獄死させられながらも、最後まで新年を曲げなかった鶴彬(つる・あきら)の鮮烈な人生に思いをはせ、乱さんの解説と、鶴彬の意思を現代に引き継ごうとする運動の呼びかけに耳を傾け、あらためて安倍政権による「あらたな戦前つくり」への抵抗の想いを固めました。

 冒頭の写真は、講座の翌日、経産省前テントひろばを襲撃する暴漢に立ちはだかる乱師匠です。講座参加者の多くが、鶴彬が国家権力に殺された時代と、現在の世相が似通ってきているという印象を受けました。右翼の襲撃は、図らずもそのことを証明しました。ことさら左翼的な考えを持たなくても、単に原発や憲法9条の改悪に反対しただけで、社会から排除される相互監視の息苦しい世の中が迫っています。もちろん未だ憲法による建前はありますが、それとて国家が直接に手を下せないところで右翼の襲撃が行われ、自民党の憲法草案に見られるように、やがてはその建前すらかなぐり捨てられようとしている。

 一方で、戦前と決定的に違うのは、多くの民衆の抵抗の闘いがあることです。私たち一人一人が鶴彬のような強い意思を固めることができるなら、いかに右翼と警察がやっきなろうと、これを完全に平定しきることはできません。そういうことを強く感じた講座&映画会でした。以下、乱師匠による解説の文章です。

乱鬼龍さん講演】抵抗と闘いの川柳―『鶴彬こころの軌跡』上映&講演会

カテゴリ:
 例によって直前のお知らせですが、この土曜日、ジグザグ会の呼びかけ人で、経産省前テントの運営委員のお一人でもある、川柳作家の乱鬼龍さんの講演会があります。お誘い合わせの上お越し下さい。
映画『鶴彬-こころの軌跡-』
変革のアソシエ特別講座 映画と講演
抵抗と闘いの川柳―『鶴彬こころの軌跡』


■日時:2014年10月11日(土)午後3時~5時

■場所:協同センター・東京
 JR線、地下鉄東西線「中野」駅南口下車徒歩3分
 東京都中野区中野2‐23‐1 ニューグリ-ンビル301号
 地図:http://homepage3.nifty.com/associe-for-change/map.html

■講演:乱鬼龍(川柳作家)
 東京鶴彬顕彰会呼びかけ人
 演劇「手と足をもいだ丸太にしてかへし―鶴彬の生涯」上演実行委員会 呼びかけ人・制作
 反原発ジグザグ会呼びかけ人
 経産省前テントひろば運営委員

■上映:『鶴彬-こころの軌跡-』
日本が軍国主義へと突入していった昭和初期に、反戦・反権力を貫いた川柳作家として知られる鶴彬の足跡を追ったドキュメンタリー・ドラマ。戦争の悲惨さを読んだ作品が反戦的として逮捕され、29歳で獄死した彼の生きざまを『ラストゲーム 最後の早慶戦』の神山征二郎監督が描き出す。信念を貫き平和のために生き抜いた鶴彬を、映画やドラマ、舞台などで活躍中の新鋭・池上リョヲマが熱演。共演には樫山文枝、高橋長英らベテランが名を連ねる。(映画公式サイト

本日の9・23行動に京都からいらした方へ

カテゴリ:
2014.9.23‐1
 本日は、ネットでの呼びかけに応え、あるいは会場で直接、たくさんの皆様に私たちと共に9・23行動に参加、あるいはお声がけいただき、本当にありがとうございました。

 ところで、そんな方々のお一人に、このブログをご覧になってジグザグ会を直接見るために、わざわざ京都からお越しの方がおられました。大変に驚き、またそこまでしていただきながら、自らの力量や経験のなさ、準備不足など、失望させてしまったのではないかと恥じ入るばかりです。

 この方は解散地点まで一緒に歩いていただいたのですが、そのままお名前や連絡先を交換することもなく、いつの間にかはぐれてしまいました。本来なら、その後の反省・交流会にもお誘いし、時間の許す限りご意見やら、私たちのいたらない点のご指摘などをうかがうべきところ、大変に失礼いたしました。お詫び申し上げます。

9・23当日のジグザグ会行動スケジュール

カテゴリ:
亀戸公園地図
ジグザク会の行動スケジュール(予定です。変更の可能性あり)

・集合場所:亀戸スポーツセンター正面玄関前(亀戸公園内)
・集合時間:2014年9月23日12時頃


  11時頃~全体集会ブース開店・オープニングライブなど
  12時頃~ジグザグ会集合、打ち合わせ(フリートーク・デモ練習など)
  13時頃~全体集会開会(まとまって全体集会会場へ移動します)
  14時半~デモ出発予定

 ※集合場所のスポーツセンターは上の地図を参照(クリックで拡大
 ※全体集会のブースなどご覧になった後、集合場所におこし下さい
 ※飛び入り歓迎!途中参加、途中離脱OKです。
 ※フリートークは時間の関係で、希望者全員が発言できないこともあります。

賛同募集】9・23反原発全国集会への呼びかけ

カテゴリ:
 反原発ジグザグ会は、来る9月23日、さようなら原発1000万人アクションの主催による「フクシマを忘れない!再稼働を許さない!さようなら原発全国集会」の趣旨に賛同し、これに参加します。もちろん私たちと共に参加されることを呼びかけたいと思いますが、それ以外でも参加形態を問わず、多くの皆さんが、主催者の呼びかけの趣旨に則り、本集会に結集されることを呼びかけます。

 なお、本集会への参加にあたり、あらためて以下のような提起(呼びかけ)を行います。下記の呼びかけに賛同していただける方を、個人・団体を問わず募集いたします(締切9月23日朝)。賛同してもいいよという皆さんは、このエントリのコメント欄、もしくはzigzagkai@gmail.comまで、お名前(本名でなくても可)、所属や肩書き(あれば)、メールアドレス(非公開です)をお知らせください。よろしくお願いいたします。

================================
9・23反原発全国集会での反資本主義派統一行動の提起

 私たちは昨年の10・13日比谷反原発集会への参加をきっかけに活動を続けている、個人・有志の集団です。この一年間、反原発運動をはじめ、国家秘密法反対闘争や、集団的自衛権、沖縄辺野古連帯などの活動に、個人や団体の枠を超えた取り組みを行ってきました。大衆的な呼びかけとしては、たまにネットで告知する程度のことしかできませんでしたが、昨年10・13ではデモ出発前30名(最大時80名)で初登場し、本年3・9日比谷集会でも最大時50名ほどで参加しました。その他の様々な活動にも、常に数名から十数名で参加を続けています。

0081 029
 昨10・13集会(写真左)、 本年3・9集会(写真右)

9・23反原発全国集会は代々木から亀戸公園に変更になりました

カテゴリ:
放射能騒がず蚊には大騒ぎ(乱鬼龍)

 20140923 と、決して伝染病への対応は悪いことではないのですが、政府の対応の落差を見るにつけ、事態をできるだけ小さく見せて過去のものにしようとする、背後の原子力村の必死さに、乱師匠でなくとも、ため息と共にそんな川柳の一つもひねりたくなる昨今です。

 その余波を受け、下記の主催者の説明の通り、9月23日の反原発全国集会は、当初予定していた代々木公園から、亀戸(かめいど)中央公園へ変更して行われることになりました(アクセス)。みんなで情報拡散に協力しましょう。

 私たちジグザグ会も参加予定です。会場にお越しの上、ぜひ私たちと一緒に怒りのデモを!(`0´*)ノ"オゥ!

川内原発再稼働するな!フクシマを忘れない!
さようなら原発全国大集会
1000万人アクションHPより)
 政府は、原子力規制委員会の適合審査結果の正式決定をうけ、地域住民の防災計画・避難計画も不十分のまま、年明け以降にも川内原発(鹿児島県)の再稼働を押し進めようとしています。
 フクシマの教訓を顧みず、原発の再稼働を強行し、原発輸出まで進める安倍政権に対し、全国から「さようなら原発」の声を、たゆまぬ脱原発の願いを、突きつけていきましょう。

メガホンが接触しただけで逮捕!?【7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会声明】

カテゴリ:
 共同運営実験スペース りべるたん・早稲田学生有志による【7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会】から声明が出されました。
 メガホンがちょっとさわった?とかで暴行とでっち上げられ不当逮捕。あまりにひどい!
 誰もが不当逮捕される今の状況に、学生、社会人問わず声を上げましょう。
 ひとりでも多くの皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

声明文賛同連絡先:ikebukurolibertine@gmail.com
カンパ口座:ゆうちょ銀行018 普通預金 口座番号60880751
      名義「りべるたん」


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(以下の声明の転載・拡散をお願します)

 既にご存知の方も多いかと思いますが、7月6日にりべるたんの仲間(以下A君)が公安警察よって不当逮捕されました。本件においては、早稲田学生有志様と連携して、A君奪還の日まで断固として戦い続けます。以下に本件の経緯と方針等を記した声明文を公開します。

映画『オキナワの少年』鑑賞会

カテゴリ:

tirasi-3

明日になりましたが、ジグザグ会はじめての独自企画となります。
よく「沖縄の心」などと言いますが、それはどのようなものなのでしょうか。原発・基地・空港など、「地元の心」は共通した問題でもあり、同時に決して一般論には還元されえない独自の想いもあると思います。いずれにせよ、他者に犠牲を押し付けて「平和と繁栄」を謳歌してきた私たちのあり方を、一度足元から見直して考えてみるきっかけになればと思います。


このページのトップヘ

見出し画像
×