カテゴリ

カテゴリ:参加者からの投稿

手記】沖縄三日目(1) 会場運転手の任務を担って by ニャンケ

カテゴリ:
沖縄三日目1 沖縄訪問三日目(24日)の辺野古現地から、ジグザグ会のニャンケです。昨日は冷たい雨のなか座り込んで、暴力的に排除されて、刺激的な1日でしたが、今日はさらに刺激的でした。

 今日、わがジグザグ会は、本隊がゲート前の行動に参加し、私は専業ドライバーとして自分たちのレンタカーを提供、参加者の皆さんがトイレやコンビニ、クルマの駐車場などに行きたいときの足として1日を費やす決意を固めた。タクシー運転士としてのプロフェッショナルなPRIDEなど微塵もなかった。いくら運んでも一銭にもならないが、辺野古の現地闘争の役に立てる、そのことが喜びだった。

 キャンプ・シュワブのゲート前からクルマやトイレまでは歩いたらかなりの距離がある。しかも小雨も降っている。たたかう仲間たちみんなの感謝の言葉は否応なく私のモチベーションをあげてくれた。でも、いろんな立場や地域から結集したいろんな個性の仲間たちとクルマの中でわずかな時間に交流できることが最高に楽しかった。

 たくさんの人との出会いのなかで、いちばん印象に残った人が、沖縄の県内から参加してきた人だ。その人は政治とか関係なく生きてきたし、基地もいま在る ものは在るので仕方ないと思って沖縄で生きてきたという。だが、辺野古に、大浦湾を埋め立てて、もうひとつ新しい基地を作るという。それだけは許せないと 思ったのだ。どれだけ沖縄を差別するつもりなのか!怒りが沸き上がり、この行動に参加したのだと彼は言う。

手記】沖縄二日目 辺野古ゲート前座り込みに参加 by 草加耕助

カテゴリ:
辺野古二日目1 沖縄訪問二日目(23日)の報告です。
 前日から宿泊していた「海と風の宿」を朝5時半にレンタカーで出発、ゲート前に向かいます。天気は雨、この時間はまだ真っ暗で、夜の海を眺めながら、どうしても緊張は高まります。圧倒的と思える機動隊の暴力の前に身を投げ出して非暴力で闘うのです。怪我をするかもしれない、インネンつけられて不当逮捕されるかもしれないと思うと体が固くなります。ただ逃げ出すことのできない沖縄現地の人々への連帯の思いだけで勇気をふりしぼっていました。

 午前6時すぎに現場につきますが、やはりまだ暗く、ただ基地のゲート内だけが煌々と明かりに照らされて、そこには雨煙の中で機動隊のバスが光っていました。おぼつかない足元を基地の明かりをたよりに座り込みテント前に集まると、そこで説明と打ち合わせがありました。それによると目の前のゲートは第二ゲートで、もう少し先に工事用の専用ゲートがあること、7時前には工事車両が入るであろうこと、雨の中で仲間がすでにその前に座り込んでおり、私たちもそこに合流して座り込むことが説明されました。注意点として、機動隊がゴボウ抜きにくるだろうが、私たちはあくまでも非暴力を貫くこと、今は怪我や逮捕をさけて、排除に対し強硬な抵抗はしないようにとのことでした。

勝ちに行く論理と主体を by 乱鬼龍

カテゴリ:
経産省前テント 戦後70年の節目にあたる昨2015年は、新たなる日本軍国主義の復活、戦争へ向かって再び日本がその愚考と暴走を始めた感深き年だった。それに対抗・抵抗する労働者人民の主体の力量、その真の質としての論理は、果たしてこの程度ののレベルでいいのか、それで敵に勝つことができるのか!?という思いもまた強まった年だった。

 確かに新しい動き、若い世代の登場等、積極的にとらえて良い傾向はある。だが、この根源的問いは、この時代を生きる人々、全てに問い問われている事だと思いを新たにする。敵に勝ちに行く、質と量を精一杯獲得しなければ私たちの前進はない。それだけ時代の危機は深くて難しいと覚悟し、闘ってゆこう。

乱鬼龍(川柳作家・ジグザグ会・経産省前テント運営委員)

「国会突入」を考えるー「『跳躍』の運動史」序説 by 松平耕一

カテゴリ:
20150830
 雨の日がずいぶん多かった気がする。初夏から初秋にかけて、安全保障関連法制定に反対する国会前行動に足繁く参加した。傘を持たない日の夜に、パラパラと降り出す俄雨に閉口した。また、ザアザアの雨の日は、どうせ人も少ないだろうと行動に出向くのが億劫になった。常連の参加者たちは、レインコートの完全装備でデモに行く。今回の一連の行動では、自分も、十代のころ使っていた、埃の被ったポンチョをロフトの奥から引きずりだした。つばのせり出た黒いキャップを被り、ポンチョを重ねた。人が少ない道では傘をさし、混雑した行動の最中ではその折り畳み傘を鞄にしまう。iPhoneとビデオカメラとハンドマイクを濡れないよう、持ち替えやすいように装備する。それにしても、今年の安倍政権は雨に救われたのじゃないかと思ったりした。

  参院本会議でいよいよ強行採決がなされるという、9月18日の金曜日も雨だった。その夜、翌朝まで抗議するぞという声も聞いたが、私は22時くらいには国 会前を引き上げ、友達と市ヶ谷で飲み屋に入った。自然に六〇年安保の話になる。「六〇年安保の強行採決の日も、雨が降りしきる中での切ない抗議だったらし いよ」と。ビールを何杯か重ねたところで、なんとなく、自分一人だけでも、国会に戻ろうかという気分になった。意外に、裏門とかからなら、国会へと突入で きるのではなかろうか? そのまま正門へと突き抜けて帰ってきてしまえばいい。私は、国会内部へと私を招く声が聞こえている気がした。9月16日に、13 人の逮捕者が出ていたことと関係があるかもしれない。

「戦争法」成立! 自衛隊は何を「衛る」のか by 武峪真希

カテゴリ:
海幹校戦略研究 米国が研究する「米中戦争」の戦略構想が存在する。2010年2月に米国防総省がその存在を示唆し、この構想を研究する統合参謀本部エアシーバトル室等によって内容が逐次公表されている「エアシーバトル」構想がそれだ。また2012年には同盟国各国への構想内容説明と協議が開始されている。この構想は、現在「アメリカ流非対称戦争」へと進化している。

 これらは日本語に翻訳され、海上自衛隊幹部学校のホームページ「海幹校戦略研究」に掲載されている。元宜野湾市長で沖縄意見広告運動の全国世話人でもある伊波洋一氏は、「変革のアソシエ」第2期発足記念講演において、 これらのデータを用い、アメリカの考える「米中戦争」のシナリオを明らかにした(『コモンズ』サイトに報告記事がある)。安保法制(事実上の「戦争法」)が強行採決で可決された今、このシナリオが日本と沖縄にもたらす脅威は、ますます現実味を帯びたものとして我々に迫っている。

動画】6・21の記録(4)NORA BRIGADE ロングバージョンwith変態警官事件

カテゴリ:
 先行して公開していた超ダイジェスト版に続く、、ラディカルマーチングバンド NORA BRIGADE のロングバージョンです。重なる部分もありますが、こちらが正式版という感じかな。



 なお、途中で公安のそばにいた機動隊のおじさん(指揮者?)が、突然に演奏中のNORA BRIGADEの中にモノも言わずに入ってきて、ただ持っていた指揮棒でメンバーの頭を一人づつポカポカと叩き、さらに先頭でマーチングをしていた女性のお尻をパチンと叩いてただ去っていくという、意味不明の行動をとりました。特に何らの警告も現場指導もなく、ただ無言でです。一瞬のことに呆気にとられ、いったいこの人が何がしたかったのか未だにわかりません。

映画「日本と原発-私たちは原発で幸せですか?」を観る/乱鬼龍

カテゴリ:
「国富とはなんだと映画つきつける」
乱 鬼龍(川柳作家、ジグザグ会呼びかけ人、経産省前テントひろば運営委員)

 映画「日本と原発」 2011年3・11以後、多くの原発映画が創られたが、その中でも、この映画は実にわかりやすく(小・中・高校生などにもぜひ観てもらいたいものと思う)、また、原発に関するいくつもの論点を実に手際よくまとめてあり、完成度の高いすぐれた映画だと観た。

 映画は、フクシマ現地の取材の上にさらに小出裕章・田中三彦・飯田哲也らの専門家の見解、又ロシア・チェルノブイリ原発事故の、その後の放射能汚染の現 在など、ロシアの医師の話など、ていねいに、しかも多面的に取材し、その整理の仕方、組み立て方など、技術的にも非常にすぐれたものであると思った。
 そして、映画のサブタイトルにもあるように「私たちは原発で幸せですか?」、フクシマの現実とその重い事実は、決して幸せではない。幸せでないどころか、地震列島・火山列島の上に54基もの原発が林立するなどということは正気の沙汰ではない。
 日本を滅ぼしかねないどころか、人類、地球そのものをも滅ぼしかねない。修復不能のものだということをひとりひとりの国民が、人類が、自分自身の頭で考え、判断し、そして行動して欲しいと訴えている。

 その意味で、この映画は、全国各地どころか、この同時代を生きる世界の人々にも(近々英語字幕入りも完成予定とのこと)ひとりでも多く観て頂きたい必見の映画であると思った。
これは、その意味で原発(の諸問題)に対する明快な答えでもある。ぜひ多くの皆さんが観られて、その感想の輪を広げ、力とし、原発と原子力ムラに象徴され るような今日の政治、経済、文化…といった総体に対する根底的変革を迫る行動を、力強く前へ進めなければならない時代だという思いを共に共有したいものと 思う。

主体の危機を乗り越える自らの飛躍を/乱鬼龍

カテゴリ:
乱 鬼龍(川柳作家、ジグザグ会呼びかけ人、経産省前テントひろば運営委員)

乱さん よく主体の危機だと言われる。それは間違いない。今日の矛盾と危機は深い。それは危機だと思っている私たちが考える以上に、ものすごく深く、大きく、根底的だと考えるべきだと私は思う。この現実を、文字通り革命的に、その根本から変革する主体そのものが、存在しない。あるいは、極めて乏しいということが、本当の危機なのだと思う。

 この主体の根底的危機なのだということの厳しく、謙虚な認識を、ほとんどの左翼も、人びとも、深く理解していないということが、より危機なのだと思う。しかし、実は、問題はこれから先で、だとしたら、本当に、今日の状況を革命的に変革できるだけの、歴史的主体を、どうやったら創り出すことができるのかどうか。今日の時代の岐路は、そこが問われているのだと思う。

 私たちは、その歴史的な要請に応えるだけの、まず「質」を持っているのか。懸命につくり出し、実行しようとしているのか。私自らの課題でもあるが、根本から問われている。あれこれの議論・空論の時代は、もうとっくに終わっている。                                 (ジグザグ会新年旗開き挨拶より)

後藤健二さんが殺害されてしまった……/M・W(介護労働者)

カテゴリ:
痛ましい……あまりに痛ましいことが現実となってしまった!悲しい。
この間いろいろなことを突きつけられた。そして考えさせられた。
AS20150129000082_comm
 9・11以降、アメリカの「対テロ」戦争のなかで日本政府は何をしてきたのか?
安倍政権は何をしようとしているのか?
武器関連大企業や大手ゼネコンの利益のために、アメリカやイスラエルの国家テロを支え、自衛隊にも血を流させようとしているのが安倍首相のいう「積極的平和主義」だ。

誰がそれを望んでいるのか?!
 われわれではない!!!

 安倍政権はこれ幸いと戦争への道を突き進んでいくだろう。
議会内では、民主党も共産党もあの具合で、今のところ迫力ある批判ができないでいる。
ショック・ドクトリンをゆるさず、安倍政権が目指す危険な道を阻もう。

 ショック・ドクトリン(惨事便乗型政策転換)をゆるさないために、安倍に投げつけたい曲↓。

投稿】年末に・・・菅原文太さんに捧ぐ M・W(介護労働者)

カテゴリ:
 この年末にあたって、あらためて沖縄での菅原文太さんのアピールをみてみました。



 泣いた。

 文太さんが亡くなったのは11月28日。この沖縄での集会は11月1日。
 文太さんのこの思いは、わたしたちの大先輩の世代、戦争を体験した世代の人たちの多くにとって共通の思いだったはずです。こうした人たちが、いわゆる戦後日本の民主主義・平和主義を根底で支えてきたのだと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×