カテゴリ:
持たざる者国際連帯行動
 10・13で、私たちと行動を共にしていただいた「持たざる者の国際連帯行動」の皆様が、今年も11・3行動を闘われます。とりわけ今年は原発再稼働、国家秘密法、TPP、それにオリンピック招致をテコにした野宿者排除や少数派への治安弾圧と環境破壊、改憲・軍拡、差別排外主義の跋扈など、安倍政権による全面展開ともいえる総攻撃の中、課題は多く、多くの人が垣根を超えて幅広く手を結ぶべき、重要な位置づけとなります。私たち反原発ジグザグ会も参加します。多くの皆さんの参加を呼びかけます。

【日時】2013年11月3日(日)13:15開場、13:30開始
   ※集会終了後デモ出発

【会場】千駄ヶ谷区民会館集会場
   東京都渋谷区神宮前 1-1-10
   JR 原宿駅 徒歩10分、東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 徒歩8分
   地図:http://www.j-theravada.net/tizu-sendagaya.html
 【「持たざる者」の国際連帯行動】は、2003年にスタート(メインは、労働者が殺され埋められた「朝日建設」争議の闘いでした)し、04年には、FTA反対で来日していた韓国民主労総の人たちを迎え、以降、フランスのDALを始め、NO-VOXの交流、渋谷や山谷の現場行動への参加、大阪長居公園強制排除へのパリでの直接行動、NO-VOX国際フォーラムへの参加と東京での開催、世界社会フォーラムへのNO-VOXとしての参加・・・等々、越境する連帯・交流を積み上げてきました。

 2011年3・11以降は、多くの反原発行動に参加しつつ、2011年10月には、マドリッドやウォール街占拠に呼応しての「怒れる者たちの世界同時行動」(新宿デモ 300人)、2012年10 月には、IMF世界銀行東京総会に反対する行動(銀座デモ 300人)を、それぞれ一日行動実行委を呼びかけて、勝ち取りました。

【「持たざる者」の国際連帯行動】の立ち上げから10年になる今年は、安倍政権の登場で、暗雲のさなかにあります。ことしの11・3は、「草の根の怒りのプロテストを!」をスローガンに、「格差、原発、米軍基地、改憲、TPP、五輪、ヘイトスピーチ」といったテーマを結び、噴出する怒りを、多様なスタイルの表現やカウンターと連携しながら、シングルイシューを越える新しい社会運動を目指します。

【報告・問題提起】
 1. 被ばく労働
 2. 生活保護切り下げ
 3. 労働運動(争団連)
 4. 沖縄(高江報告)
 5. 外国人労働者(APFS労組)
 6. 反原発(経産省テント)
 7. 反ヘイト(鵜飼哲さん)
 8. 反五輪
 9. 反弾圧(園良太さん)
 10. NO-VOX Japanから

【音楽・演奏ノラ・ブリゲード(マルチイシューのラジカルマーチングバンド)

※個別の運動課題の報告ではなく、一つの総合的な問題として現場から提起していきます。
※ビラの持ち込み、物販のスペースもあります。

連帯アピールというと檀上から、各戦線からの取り組み報告と取り組み呼びかけが中心で、ブツ切りな前例の踏襲になりがちです。そこで一時は、リレートークからの討論の場づくりも目指しましたが、それでは中途半端で未消化になってしまう不安がありました。
そこで今年は、10のテーマを並べつつ、できるだけ他の領域や全体状況を見据えた提起・提案になるように、各団体・発言者と事前に打ち合わせをしています。当日も、開始前(13時15分くらいに)最終打ち合わせを行います。
まだまだ試みの段階で、従来のあり方とそれほど変わらない風になるかもしれませんが、参加者の方々にとっていくばくかのヒントと示唆になれば幸いです。

【集会後のデモ】

15時45分スタート
原宿から渋谷繁華街を経て、宮下公園に沿って、神宮通り公園までのコース(約1時間15分)を予定。
終了後は野外交流会。デモには、ドラムや管楽器などを駆使しながら街頭でのラジカルな音楽表現を追求されている「ノラ・ブリゲード」が参加。各自、通常の旗、横断幕、プラカード、コスチュームはご自由です(日の丸などの持ち込みはご遠慮ください)。
こじんまりとした取り組みではありますが、“小さな炎でも荒野を焼きつくす種火になれば”とつくってきた集会です。ぜひ周りの人たちにも呼びかけてください。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

生存権を脅かす、格差・原発・米軍基地・改憲・TPPはいらない!
五輪もヘイトスピーチもいらない!
誰かの犠牲の上に成り立つ「平和と繁栄」はアンフェア(不公正)だ!

草の根の怒りのプロテストを!!


全面展開 一点集中