カテゴリ:
oudanmaku
 10・13に持っていく横断幕の、デザイン案ができあがりました。業者に頼めば楽ですが、そんなお金はないので、これからこのデザインを元に、手描きで横断幕を作る作業が待っています。

 横断幕に書くスローガンは、「原発社会を解体せよ!」としました。

 なんとか私たちらしいスローガンをとみんなで話し合って、反資本主義、社会変革、階級的反原発運動などの観点から、いろいろな案がでました。
 「国際原子力資本粉砕!」
 「左派参上!労働者は原発を許さない!」
 「被爆労働を強要する原発反対!」
 「福島切捨てと、生活保護切捨ては同じだ!」
 「原発もブラック企業もいらない!」
 「金融資本の利益のための、再稼動反対!」
 「株主の利益のための、再稼動反対!」などなど。

 最終的に「原発を必要とする社会を変えよう」という線で、しかしそれだと「原発」と「社会」という、スローガン的な意味での主語が二つになるし、ちょっと長いという意見がでて、こういう形になりました。いかがなもんでしょうか?

 議論の途中で余談として、右翼団体の掲げる「麗しの山河を守れ」というスローガンは、実に秀逸だよなという話が出ました。あの中に右翼のイデオロギーがちゃーんと全部入っていて、ゆえにそこはかとなく、しかも出すぎない程度に右翼っぽさが出ている上に、一般の人にもあまり違和感なく受け入れやすい。あれは上手だと。

 意味としては結局「七生報国・皇国防衛」になるところが、それを「麗しの山河を守れ」で表現してしまえるのですから、だったら「安保粉砕・日帝打倒」とかを「現代語訳」するとどうなるのでしょうかね。コピーライターの素質のある方、どなたか考えていただけませんか(笑)。