カテゴリ:
3152111348
(執筆:まっぺん)

1. 戦後民主主義の堕落と大衆運動の没落


■階級的対抗軸を消滅させた20世紀

 20世紀最後の10年間に起こった日本の国政選挙における大きな事件は、労働者階級の代表的な政党である日本社会党が消滅したことだ。社会党は1993年の衆議院選で90年の136議席から70議席へと半減、95年の参議院選でも92年の71議席から37議席へと同じく半減した。この流れは止まらず、社会民主党へ改組し臨んだ96年衆院選では15議席、98年の参院選では13議席へと転落した。

 社会党の没落と消滅は資本を代表する側の政権党に対抗する「労働者側の階級的対抗軸」を失ったことを意味する。現在の共産党と社民党を合計しても、得票数数百万では投票総数の10分の1程度に過ぎず、到底「階級的対抗軸」にはなり得ない。

 社会党がこうなってしまった客観的要因として、91年ソ連・東欧圏消滅という国際環境もあるが、それよりも直接的な要因は国内資本の側からの労働運動解体攻撃にある。中でも社会党がその運動の拠点であり選挙の票田としてきた総評労働運動の解体がもっとも大きい。

■日本社会党消滅の主体的要因

 それに対して主体の側はどう対応しただろうか。資本の攻勢に対して階級的対決を進めてきたのは議会内ばかりではない。もしも議会外大衆運動が十分に活動的であれば、この資本からの攻撃に対抗する手段もあり得ただろう。