カテゴリ:
2・15官邸前緊急行動
第4回代執行訴訟・辺野古和解案を蹴っ飛ばせ あくまでも辺野古新基地建設阻止を!


 ■日時 : 2月15日(月)18:30~
 
■場所 : 首相官邸前
 
■交通
 : 地下鉄丸ノ内線、千代田線の国会議事堂駅/有楽町線永田町駅下車    
 
■主催 : 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
  
 前回公判(1月29日)で出された和解案の内容が2日に判明した。裁判所が提示した和解勧告案は根本的な解決案と暫定的な解決案として出された。(根本的な解決案━県が承認取り消しを撤回した上で、国は30年以内に新基地を返還するか軍民共用とするか米軍と交渉する。暫定的な解決案━国は代執行訴訟を取り下げて工事を中止し、県と協議する。折り合わなければ、より強制力の弱い違法確認訴訟で争う)。

 もし和解案に応じられない場合は、判決を4月13日とすると提示した。まるで話にならないとはこのことだ。県民の誰もが認めるはずがない“論外案”と言わざるを得ない。
美ら海をつぶし、戦争遂行のための米軍新基地建設を、沖縄の民意は真っ向から否定している。地元沖縄ではこの「和解案」を完全に拒否している。

 2月15日、第4回裁判では、翁長県知事の本人尋問が予定されている。そして、 2月月29日、第5回裁判では稲嶺名護市長の証人尋問が予定され、結審になると予想される。

 一坪関東ブロックとしては、2月29日にも官邸前行動を計画しています。一連の代執行訴訟裁判は大詰めの重要な局面を迎えている、是非とも多くの人の参加をお願いする。(転載元