カテゴリ:
714
 戦争法案反対!日比谷大集会へ!本日(14日)日比谷野音18時半。15日にも強行採決が目論まれています。世論に包囲されても極右に占拠された政権は強行の構え。考え方の違いを乗り越える総結集を!ジグザグ会・反戦実は18時に日比谷図書館前に集合します。共に参加を! http://sogakari.com/?p=436

 なお、情勢は非常に緊迫しています。こういう時にはえてして右翼的な人や、内ゲバ大好きで自分だけが正しいと思ってるセクト主義者など、味方の中に敵を作りたがる人が絡 んできますが、この数日はどんなに理不尽でも私達の側が我慢しましょう。だってそんなことにかまってる暇はないでしょ?!原則的に「総がかり」で強行採決阻止にすべての力を注ぎ込め!普段は仲のよろしくない人たちにも、たとえ私たち左派の側から一方的にでも協力していこう。そして、そんな総がかりで協力しあう人々の中で、私たちのような左派は一日だけの現場共闘でもいいから手をとりあって共に闘うことを呼びかけます

 また、15~17日くらいまで、総がかり行動実行委をはじめとして多くの団体・個人が国会周辺に座り込み、夕刻からは正門前でそれらがすべて結集する統一大集会が開催される予定です。
 15日からの行動に先立って、14日も国会周辺にはそれらの人々が泊まり込みの覚悟で独自の行動や座り込みを展開していると思います。ともかく国会前へ!夜を徹しての覚悟で来ている方も多くおられるようです。暑さ対策、夜間の徹夜対策、食料や水分、天候によっては雨対策など、充分に考えてこられることをおすすめします。

■請願デモについての注意
 集会のあとにデモもありますが、こちらは通常のデモではなく、請願デモと言われるものです。知らない方のために事前に説明しておきますと、国会の横っちょに机を並べた請願口みたいのがあって、そこに共産党・社民党など野党の国会議員さんが並んでるのね。そこへ200~300人くらいが順番に前に立って「請願」するということなんですが、だいたい議員さんたちが「頑張ります」とか演説してそれを聞くという感じ。肝心の国会に近づいたら旗もプラカードもしまって、静かに歩くように警察が「指導」してきますので、それに従って静かに祭壇みたいな請願所の前までいきます。この形式は通称「お焼香デモ」と言いまして、一度やってみるとわかりますが、まさに言い得て妙!なネーミングです。私たちの普通のデモとはだいぶ感じが違うので注意して行動してください。

 だいたい「大衆運動で安倍たおせ」とかではなく、それはあくまで選挙や議員さんたちの活動でやることだ、君たちはそれを支援して我が党に投票してくれというのが本音のところ(つか大政党はみんなそうなんでしょうが)が好む戦術で、かつての安保闘争では若者たちがこの戦術に反発して運動が割れたくらいでしたが、まあ、今となっては「戦術」で割るのもなんですし、大きな政党には政党なりの「大人の事情」があるわけで、そのへんはオール沖縄の闘いに学びつつ、まあ「できることは何でもやればいい」ということで、私たち市井の大衆運動も、ここは政党や議員さんたちの顔も立てて穏便に参加・協力して盛り上げつつ、私らは私らで、政党や議員さんは議員さんで、各々できることを協力しながらやっていけばそれでいいと思う。問題は自分の都合や考えを押し付けないことに尽きる。