カテゴリ:
 暴漢に立ちはだかる乱師匠当ブログでも告知いたしました、ジグザグ会呼びかけ人のお一人、乱鬼龍師匠の講座(学習会)と『鶴彬こころの軌跡』上映会(主催:変革のアソシエ)は、今月11日に盛況のうちに無事開催されました。講座の会場となった協同センター会議室は、ジグザグ会からの参加者8名を含む15名の参加でほぼ満席となりました。

 参加者一同は、川柳による非暴力の闘いで戦争国家に抗い続け、治安維持法の暴威によって獄死させられながらも、最後まで新年を曲げなかった鶴彬(つる・あきら)の鮮烈な人生に思いをはせ、乱さんの解説と、鶴彬の意思を現代に引き継ごうとする運動の呼びかけに耳を傾け、あらためて安倍政権による「あらたな戦前つくり」への抵抗の想いを固めました。

 冒頭の写真は、講座の翌日、経産省前テントひろばを襲撃する暴漢に立ちはだかる乱師匠です。講座参加者の多くが、鶴彬が国家権力に殺された時代と、現在の世相が似通ってきているという印象を受けました。右翼の襲撃は、図らずもそのことを証明しました。ことさら左翼的な考えを持たなくても、単に原発や憲法9条の改悪に反対しただけで、社会から排除される相互監視の息苦しい世の中が迫っています。もちろん未だ憲法による建前はありますが、それとて国家が直接に手を下せないところで右翼の襲撃が行われ、自民党の憲法草案に見られるように、やがてはその建前すらかなぐり捨てられようとしている。

 一方で、戦前と決定的に違うのは、多くの民衆の抵抗の闘いがあることです。私たち一人一人が鶴彬のような強い意思を固めることができるなら、いかに右翼と警察がやっきなろうと、これを完全に平定しきることはできません。そういうことを強く感じた講座&映画会でした。以下、乱師匠による解説の文章です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鶴彬に学び、この時代を撃つ
乱鬼龍(川柳家、東京鶴彬顕彰会、ジグザグ会呼びかけ人)

ran2 最近の急速な右傾化、反動化の流れは、誰の眼にも常軌を逸してい るほどと映ると思うが、そうした時代の中で、戦前、反戦川柳を発表しつづけ、それゆえに治安維持法によって逮捕・投獄され、29歳の若さで死んでいった鶴 彬(つるあきら・1909―38)の、全生涯、全句業を学ぼうとする気運は近年非常に増して来ていると思う。

 そうした時代の要請の中で、鶴彬が無念の死を遂げた東京・新宿の地に「句碑」を建てようという運動も、有志の手により進められ(「東京鶴彬顕彰会」)、一歩一歩、行動を進めている。
 また、今から18年前に「グループ演劇工房」によって上演された、鶴彬を描いた演劇(木内稔演出・脚本)が、今回の時代状況の中で、あらたなキャストで上演されることとなった。(詳細は下記参照)

 すでに多くの皆さんがご承知のように、さいたま市の公民館の月報に「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」という俳句が不掲載となる。あるいは、某週刊誌が「朝日川柳」に掲載された「『安倍総理バンザイ』と散る自衛隊」という川柳がケシカラン!とやり玉にあげている。
 これらは戦前、鶴彬らの川柳が弾圧され、次には俳句が弾圧され(「京大俳句事件」が有名)、そして、その次にやってきたのは太平洋戦争への突入という時代だったという歴史と、あまりにも酷似していると言うべきだろう。

 だが、逆に言えば、鶴彬の川柳に代表されるような、五七五の力。民衆のホンネの表現というものは、権力の嘘、デタラメのプロパガンダの攻勢に対して、有効な民衆の武器たり得るということを証明していると私は思う。
 この時代の中で、私たちは、鶴彬らに学び、今日には今日の、民衆の武器としての表現をもっともっと磨き、そしてもっともっと広く、力強く、表現の自由を行使し、今日のたたかいを前へ進めようではないか。
 その意味に於いても、11月の演劇公演の大成功、そして、東京での「句碑」建立実現をめざして、より多くの皆さんとの協働の力で、大いに努力したいものと考えます。
 皆さんの御理解。御賛同、御参加をお願いします。


手と足をもいだ丸太にしてかへし
-鶴彬の生涯-
TFlyer
 ■公演日時:2014年11月
  6日(木) 19:00~
  7日(金) 14:00~ 19:00~
  8日(土) 14:00~ 19:00~
  9日(日) 14:00~

 ■会場:TACCS1179
  東京都新宿区上落合1-17-9 →地図

 ■料金:大人 前売 3,000円・当日 3,200円
     学生 前売 2,800円・当日 3,000円

 ■主催:上演実行委員会
  呼びかけ人:阿部俊雄、植竹団扇、神山征二郎、楜沢 健
          高鶴礼子、尾藤一泉、乱 鬼龍
  協賛:東京鶴彬顕彰会、憲法寄席 創作集団、語部集団 木偶坊、劇団 もっきりや

 ■制作:菅原 司、高橋省二、古田 武、乱 鬼龍
 ■スタッフ:脚本:グループ演劇工房、協働者 演出:菅原 司 舞台美術:内山 勉 照明:横田元一郎
       効果:西田 実 音楽:上田 麻衣子 衣装:美坂公子 ステージング:板東冨起子
       仮面製作:金 羅美 宣伝美術:ミズノケイジ 方言指導:村上理恵子 演出補:花ケ前浩一
       舞台監督:稲葉対介
 ■キャスト:阿部伸勝 石出勇騎 今井里美 枝川吉範 門岡 瞳 斎藤和彦 坂井ひろし 菅原 司
       杉浦久幸 田邉三岐夫 とやきみこ 花ケ前浩一 広瀬正仁 深澤 誠 槙村悠加 松本コウ
       水上亜弓 柳瀬ともみ 渡邊礼朗

<ジグザグ会デモの先頭に立つ乱師匠の川柳デモ>
0050