カテゴリ:
2014.9.23‐1
 本日は、ネットでの呼びかけに応え、あるいは会場で直接、たくさんの皆様に私たちと共に9・23行動に参加、あるいはお声がけいただき、本当にありがとうございました。

 ところで、そんな方々のお一人に、このブログをご覧になってジグザグ会を直接見るために、わざわざ京都からお越しの方がおられました。大変に驚き、またそこまでしていただきながら、自らの力量や経験のなさ、準備不足など、失望させてしまったのではないかと恥じ入るばかりです。

 この方は解散地点まで一緒に歩いていただいたのですが、そのままお名前や連絡先を交換することもなく、いつの間にかはぐれてしまいました。本来なら、その後の反省・交流会にもお誘いし、時間の許す限りご意見やら、私たちのいたらない点のご指摘などをうかがうべきところ、大変に失礼いたしました。お詫び申し上げます。

 つきましては、このブログをご覧いただいておられましたら、大変にお手数ですが、コメント欄、もしくはzigzagkai@gmail.comま でご連絡いただけませんでしょうか?是非ご意見など賜ればと思います。また、本日は当方のスタッフ不足もあり、写真もあまりたくさん撮れていません。多く の写真を撮っておられたようですので、厚かましいお願いながら、それも送っていただけると助かります。かえすがえすも失礼ですが、よろしければご連絡お待 ち申し上げております。

取材陣(特に外国の)からモテモテのジグザグ会 (^-^;)
2014.9.23‐2 2014.9.23‐32014.9.23‐42014.9.23‐6
2014.9.23‐52014.9.23‐7
 とりあえず3組の取材中の写真を載せましたが、他にも取材陣以外からも含めて、たくさんの声をかけていただき、写真もいっぱい撮られました。横断幕の前でヘルメットをかぶっている人だけ並んでほしいとか、いろいろ注文もありーの、また、私たちの自己紹介のようなビラがあれば欲しいという声もいただきました。まだまだ「需要」はあるようです。

 今までも取材などはあったのですが、今回まさかこれほど声をかけていただけるとはまったく夢にも思わず(自己評価低すぎ?)、自己紹介的な文書は何も用意していませんでした。だんだんと回を重ねるごとに現場で声をかけていただく機会が増えているようで、今後はそういったものも用意したいと思います。これからも期待(?)に応えられるよう頑張っていきたいと思います。

 もちろん「好意的な反応と同じ数だけ否定的に思っている人もいる」というのが世の常でして、そういった方々とも不毛に争わず、「別個に進んで共に撃つ」の精神で、謙虚さと自己省察の精神を忘れないようにしていきます。今後ともジグザグ会へのご支援や注目をお願いします。