カテゴリ:
 3・9ー15連続決起の写真も徐々に集まってまいりました。とりあえず9日の写真はリサイズやプライバシー加工も終わりましたので公開いたします。小さい写真はクリックすると少し拡大します。
 さて、9日の「原発ゼロ★大統一行動~福島を忘れるな」は主催者発表で32000人参加とのことですが、実際にはもっといたように思えました。請願デモ参加者の数字ということなのかな?
 日比谷野音は集会開始1時間前の12時の段階ですでに満杯で入れない状況。公園内は溢れた人並みで埋まっていました。私たちは野音の集会に参加した部分と、中に入れず図書文化会館前に集結した部分の2隊に別れてこの日の行動を貫徹しました。

029
東電前での抗議を貫徹し、国会前行動に向かうジグザグ会
001 002
図書文化館前の部隊です。ジグザグ会の横断幕を出していると、徐々に人が集まってきました。12時半くらいから、簡単に今日の行動の打ち合わせや挨拶をおこないました。003
とりわけ今回は、10代から20代前半の若い人が目立ちました。ここで居合わせた NoVox(持たざる者の国際連帯行動) の皆さんも私たちに合流していただきました。
004 005
一方、こちらは満員の日比谷野音集会に参加した部隊の仲間が撮影した写真です。
006
この後、社共民など野党議員さんたちの待つ国会へ向け、請願デモが繰り広げられました。NoVoxの皆さんは、デモと同時刻に行われる東電前抗議行動に参加とのこと。私たち外の部隊もそちらに合流することにして移動を開始します。
007008
東電前に到着しました。
010-1 010-2
009022
4大学共闘の皆さんも頑張っておられました。
016011
014012
AWC(アジア共同行動日本連絡会議)の皆さんも私たちと合流。共に抗議を続けます。
013021
取材に来ていた韓国のテレビクルーから取材を受けました。私たちの登場スタイルは、国籍問わず全体的に外国人の方々からとても受けがよく、声援をいただいたり写真もいっぱい撮られました。知らないというのは恐ろしい偏見がないというのはいいことですね。
015
019018
024023
およよ7さんが持ってこられたピンクヘル。実は往年の「中ピ連」メット。行く先々で年配の方々からは「おお!レア物だね!」と笑顔で言われましたが、実はレプリカ品なのだそうです。
026028
市民を監視する公安私服刑事の皆さんの群れ。「おそろいのマスクで顔を隠して集団行動」という「過激派スタイル」は、今ではすっかり公安の専売特許となりました。どんどん増えてくる。
029 030
東電前行動を貫徹し、国会包囲行動に参加するため移動しているところです。左の写真はジグザグ会がすごく沢山いるみたいに見えますが、NoVoxの方もいますし、なんと後ろ半分はすべて公安私服!。ぞろぞろと50人くらいで私たちの後をぴったりついてきます。「2人でいいだろ?どんだけ人が余ってんだ」と、大人数でピンクヘルをつけ回す公安の余剰人員ぶりには、もう怒る前に笑ってしまった。こんなに人が余ってるんなら町内の猫でも尾行しといたら?
031035
包囲行動の最後尾に到着。気がついたらいつの間にか機動隊が増えていて「なんかこのあたりだけ機動隊多いなー」「さあ、交代用の待機場所?」とか呑気に話していたのですが、公安さんも集結してきて、あわよくば私たちを逮捕するために、わざわざ配置されたのだと気がついたのは随分たってから。警備公安にマークされるのは、政府に意見する大衆運動としては大変に光栄なことですが、「つか、こいつら絶対何か勘違いしてるよな」という(笑)。
033034
そんな露骨な挑発と、古典的な運動の分断工作にのるような愚か者など、私たちに限らず今どきいるはずもない(いたらお目にかかりたいくらいだ)。普段以上にまったりと、しかし原則的に包囲を続けます。「機動隊ブルース(ジグザグ会Ver)」や「ウィシャル・オーバーカム」などをみんなで合唱しました。
036037
途中、「共同運営実験スペースりべるたん」にインネンをつけて、ほとんど暇つぶしのような不当な家宅捜索をおこなった公安私服が今度はジグザグ会をつけ回しているところを、直接の被害者が発見。この家宅捜索の容疑はのちほど全くの無罪だったことが判明したにもかかわらず、一言も謝りにこないという。ここで会ったが100年目というやつだ。被害者からの猛抗議に、この公安さんはパクリとも反論できず、青くなって逃げ去っていった。せめて一言くらい謝れ!人として。
039041
時間も迫ってきましたので、ジグザグ会としての行動をここで締めることして、あとは各自での行動にうつることにしました。最後に「再稼働を許さないぞ!被曝労働を許さないぞ!」とシュプレヒコールをあげ、インターを歌って終了しました。
042043
その後、時間を決めて待ち合わせ、交流会を開催。6人がけのテーブルが4つも埋まる大盛況で、今日はじめて会った者同士が5時間近くも今日の感想や今後のことを熱く語り合いました。

なお、ジグザグ会の参加人数ですが、よくわかんない(爆)。途中参加や途中離脱が多く、15人だったり50人だったり……某団体なら主催者発表70人とか100人と言うところでしょうが、まあ私たちは「主催者発表30人」ってことにしときます。次回もこんな感じでお気軽に参加していただけたらと思います。