【11.9暴走する安倍政権!私たちはどのように対抗するのか】に行ってきました by 中野由紀子

カテゴリ:
11・9講演討論集会-3
 先週土曜日。「変革と連帯のための反資本主義連合(準)」主催の講演・討論集会【11.9暴走する安倍政権!私たちはどのように対抗するのか】に行ってきました。

 講演は「グローバル資本主義の威嚇と欺瞞ー安倍政権を暴走に駆り立てる根拠」と題して、京都からおいでの同志社大学教員の田淵太一(たぶちたいち)さんが講師です。まだお若い方です。(※我々と同じ年代です=したがって、我々もお若い方々です)

 威張った感じや気どりもなく、変な威圧感もない大学の先生です。印象としては「きれいなカンニング竹山...」そこに「かわいい」を足したような。(←これ、絶対怒られるわー)

 方々で聞くお噂は、わかりやすいので学生さんたちにも大人気だということと、「関西生コン」のおっちゃんたちが寝ないで理解できる(失礼!)唯一の講師であるとか。要するに、面白くてわかりやすいということですな。経済のことなんかわかんない私にはぴったりなはずです。

  レジュメは、スライドで映すものをコマごとに配置したもので、長い文章も特別に難しい言葉もなくて、重要な単語や文章がポンポンとある簡潔なものです。わかりやすい!それとスライドの映像を重ねて見ながら講演は進みます。まずは「デモクラシー・ナウ」と「マイケル・ムーア」で検索してみよう。マスメディアが取り上げない市民目線の報道として高い評価を得ているNYの独立報道番組が「デモクラシー・ナウ」です。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ジグザグ会リンク集(整理中)

カテゴリ:
Solidarity
ジグザグ会のリンク集です。ただいま整理中。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11・9 反資本主義連合(準)講演・討論集会のご案内

カテゴリ:
 旧ジグザグ会の10・13に向けた活動に好意的に接してくださったり、有形無形のご協力をいただいた人士の方々が多く参加しておられる反資本主義連合(準)が、この9日(土)に講演・討論集会を開催されます。あらかじめ決められた結論を押し付けるものではなく、反資本主義を志向する方々と広く語り合う場にしたいとのことです。同準備会とジグザグ会はその理念や目標において重なる部分も多く、ここにご紹介させていただくと共に参加を呼びかけるものです。
11・9講演討論集会-1
呼びかけ

 昨年末の総選挙で政権を奪還した安倍自民党政権は、さる7月の参院選でも大勝し、衆参両院での過半数を獲得しました。安倍自民党は、「アベノミクス」となづけられた金融緩和・財政出動、そして雇用をはじめとした徹底した規制緩和と大資本への減税を推し進めようとしています。さらに消費税を大幅に引き上げ、社会保障を切り捨て、労働者や民衆の権利と生活を破壊し、貧困・失業と格差を拡大する新自由主義政策を徹底的に推進しようとしてしています。TPPへの参加は、労働者・農民・庶民の生活の悪化に拍車をかけることになるでしょう。

 同時に安倍政権は、福島の被災者を見すて、多くの人びとの反対を押し切って原発の再稼働・輸出を推し進め、沖縄の人びとに犠牲を押しつけながら米国の軍事戦略との一体化をさらに深めるために「集団的自衛権」の行使容認に踏み込みました。自衛隊を「国防軍」に変える目標をはっきりと掲げた自民党の「憲法改正案」は、基本的人権・国民主権・平和主義という3原則すらかなぐりすてる中身になっています。そこに、大資本のための新自由主政策と重ね合わされた極右国家主義という安倍政権の本質が浮かび上がっています。

 こうした政治の流れは世界的な資本主義の危機と深く連動しています。世界では1%の特権的階級のために99%の 労働者民衆を切り捨てる社会のあり方の変革を求める運動が、欧州、米国、そしてアラブ世界などで広がっています。 こうした運動には、「下からの民主主義」「広く結びつく連帯関係」が志向され、諸個人や運動体間の差異、思想的相違を理解し合い、多様でありながら力を合わせ「連帯して行動する」スタイルが大事にされています。

 私たちは今年、こうした日本と世界の人びとの運動に根差した、自由で公正で人権が保障された平和で民主主義的な社会、地球環境といのちを守る社会の実現と、現在の資本主義のシステムではない社会・経済・政治のあり方をめざすという思いから「反資本主義運合」(準)の形成を呼びかけました。「反資本主義連合」という構想は、さらに多くの皆さんと討論しながら具体化させていくものです。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「福島現地フィールドワーク」に参加した by 岩山昇太

カテゴリ:
福島フィールドワーク-1 「被ばく労働を考えるネットワーク」などが主催する日帰りツアーに参加した。

 広野町から旧警戒区域に入り、楢葉町、富岡町で除染作業の様子を見た。畑や人家の脇に、刈り取った放射性物質混じりの土や草が入った黒い袋が、あちこちに積み重なっていた。

 津波被災地を見た後、いわき市で除染労働者の話を聞く。「危険手当のピンハネ」は全然改善せず、被曝防護もおざなり(環境省役人が来たときだけしっかりやる)。内部被曝という点では原発労働者よりひどい。

 しかし労働者がそうした高い犠牲を払って除染しても、線量が下がるとは限らず、住民が帰還できるとは限らない。
福島フィールドワーク-2 富岡町を案内してくれた住民は「大半の人はもう帰還をあきらめている」と言っていた。実際、空間線量が低くなったと言っても、50マイクロシーベルトというトンデモないスポットがあちこちにあるのだ。戻るに戻れない。では何のための除染労働なのか。これは、壮大な矛盾ではないか。

 富岡町からいわき市に避難し、仮設住宅で暮らしている人々にも先が見えない。復興住宅は1517棟が必要なのに、建設が始まったのはわずかに250棟だけ。「仮設では絶対死ねない」と高齢者が歯を食いしばっている。

 何が「復興」か。何が「東京五輪」か。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

速報】11・3持たざる者の国際連帯行動に参加

カテゴリ:

デモ風景 in 渋谷「ノラ・ブリゲード」のマーチングがカッコいいよ(・∀・)

1103_9
一段と目を引くジグザグ会の隊列。公安さんが2名も張り付き。

1103_4
(左)会場風景 (右)「東京にオリンピックはいらないネット」からの提起

1103_5
(左)竪川弾圧の園良太さんとイラン大使館前弾圧のたまちゃん、(右)経産省前テントの八木さん
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11・3 持たざる者の国際連帯行動 2013 へ

カテゴリ:
持たざる者国際連帯行動
 10・13で、私たちと行動を共にしていただいた「持たざる者の国際連帯行動」の皆様が、今年も11・3行動を闘われます。とりわけ今年は原発再稼働、国家秘密法、TPP、それにオリンピック招致をテコにした野宿者排除や少数派への治安弾圧と環境破壊、改憲・軍拡、差別排外主義の跋扈など、安倍政権による全面展開ともいえる総攻撃の中、課題は多く、多くの人が垣根を超えて幅広く手を結ぶべき、重要な位置づけとなります。私たち反原発ジグザグ会も参加します。多くの皆さんの参加を呼びかけます。

【日時】2013年11月3日(日)13:15開場、13:30開始
   ※集会終了後デモ出発

【会場】千駄ヶ谷区民会館集会場
   東京都渋谷区神宮前 1-1-10
   JR 原宿駅 徒歩10分、東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 徒歩8分
   地図:http://www.j-theravada.net/tizu-sendagaya.html
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スライドショー】ジグザグ会 10・13 統一行動 -総集編-

カテゴリ:
 いつもスライドショーを投稿してくださるおよよ7さんが、総集編を投稿してくださいました。


およよ7さんのコメント
旧ジグザク会の活動を担われた皆さん、お疲れさまでした。 新ジグザク会で活動を担われる皆さん、重ねてお疲れ様です。 10.13の写真・動画も出揃ったようですのでYoutubeに総集編をアップしました。 音樂を詰め込みすぎて15分にもなってしまいました。 お暇がありましたらたらどうぞ。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

活動継続のお知らせ―総括および今後の方針(3)

カテゴリ:
継続は力なり
というわけで・・・。

 先の「総括および今後の方針(1)」でお知らせした通り、10・13一日共闘としてのジグザグ会は、その性質上、13日の統一行動をもって終了、解散いたしました。その上で、希望者での活動継続を承認したわけですが、一応これは別団体となり、旧呼びかけ人は今後の活動に責任を負いません。

 名称につきましては、引き続き「反原発ジグザグ会」とします。「ジグザグ会2」とかいう案もあったんですが、どうもいまいちです。だいたいせっかく作った団体名入りの横断幕を、一回しか使えないというのも、もったいない話ですからね

 なお、新ジグザグ会の呼びかけ人は以下の5人です。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10・13の総括と感想談義から―総括および今後の方針(2)

カテゴリ:
ジグザグ会隊列
 かめよん写真館様より

 続いて、相談会での総括談義をご報告いたします。
 当日はいろいろな感想、意見が出ましたが、全体として次のような10・13総括を確認しました。

1)明確に反資本主義を掲げて予想をはるかに上回る勢力で登場し、反原発運動全体の幅を広げ、その可能性、将来性を示す一助となった。

2)再稼働をすすめる安倍政権打倒
と共に、とりわけ被爆労働者の問題を最前面に掲げる数少ない勢力の一つとして登場し、闘いぬいた。

3)公安警察と機動隊の過剰反応、集中的な不当弾圧に抗して、一人の逮捕者も許さずに戦闘的にデモを貫徹した。

4)今後の課題として、弾圧対策や運営面で、われわれの「スタッフ」としての経験不足による運営能力の低さが露呈した。

 これに加えて、実質準備期間一ヶ月というハードスケジュールの中で、私たちなりの社会変革、人間解放の論理としての反原発論、その思想的、内容的な討論や深化、総じて理論的な内容の豊富化への取り組みをはかる暇がほとんどなく、概念的な問題意識のレベルにとどまったという点も、今後の課題としてあると思います。

 そのほかにも、相談会にて出された、参加者の感想の一部を以下に紹介してみます。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いったん解散します―総括および今後の方針(1)

カテゴリ:
ゴールイン

 10・13には多くの方々に合流や賛同をいただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、10・13一日共闘としてのジグザグ会は、予想を大きく上回る成功のもとに終了することができました。呼びかけ人一同、あらためて御礼を申しあげます。
 さて、私たち反原発ジグザグ会は、参加者の意見表明と総括の場を保証すべく、飛び入り参加した方にもできる限り連絡をとって、相談会を開催しました。その場において今回の行動の感想や総括談義とあわせ、以下のことを決定しましたのでここにお知らせします。

1)10・13参加予定者有志、一日個人共闘としてのジグザグ会は、13日をもって終了し、会計などの残務処理のあとで解散とする。

2)従って、呼びかけ人、賛同人もここで区切ってリセットとする。13日以降の行動については各自の自由であり、相互に不干渉で責任を負わない。

3)13日以降もジグザグ会とその活動を継続したい者があればこれを認める。ただしリセット後の新呼びかけ人の行動については、旧呼びかけ人とは互いに無関係であり、相互に責任を負わない。

 ジグザグ会は、もともと新大久保でのヘイトスクラムに対するカウンター行動中、偶然に知り合ったほんの数人の雑談の中から生まれました。当初は「10・13反原発統一行動 参加予定者有志」という立場で、自分たちの周囲の方々への呼びかけを開始しました。

 それがいつしか予想外に軌道にのって話がほんの少し大きくなり、ブログやビラを作成しようという話になって、急遽、ジグザグ会という名称を考えたものです。この、どこにでもありがちな名称の由来はブログのタイトル下にある通り、本当に適当につけたもので、さほど深い考えはありませんでした(それが憶測や波紋をよんだようですが)。
続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ

見出し画像
×